読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*PCOSと共に歩む不妊治療のキロク*

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の私の、28歳からの不妊治療のメモ(´-`).。oO

術前検査の結果と初めてのAMH

注射および、先日の術前検査の結果を聞きに行ってきました。

午後診察になってしまったので、時間休とって2時間早上がり。


今日は別の女医さん。

前回、おじいちゃん先生になんとなく体外受精を止められた経過は伝わっていないのか、

普通に体外受精に進む流れでの説明でした。


で、検査結果はとりあえず問題ないようでした。

そして初めて測ったAMHはというと…Σ(*゚д゚*)←ちょっと今回楽しみにしてた


pcosなので、やはり

「非常に高値です」

とのこと。



で、数値はというと…?


14.1 ng/ml


でした!


…?(°▽°)

普通が分からない笑


あとからネットで調べたら、

4〜5以上ある人は高いのでpcosの可能性があります

とのこと。

てか私、4とか5とかいうレベルじゃ全然ない笑

でもpcosだと私みたいな数値も出るみたいなので、ちょっとホッとしましたが(〃ω〃)



先生からは、

まだ具体的な誘発の進め方とか決まってないけれど、おそらく100単位とかで打っていくことになると思います。

多嚢胞の方の場合、注射にすごく反応して卵がたくさんできてしまう方と、打っていってもなかなか反応しなくて1つしかとれないというような方もいて、両極端なんです。

と説明を受けました。


えー!多嚢胞だと、みんな卵がたくさんとれちゃうんじゃないのー!?Σ(;゚ω゚ノ)ノ

てっきりとれ過ぎちゃうとばかり思っていたので、とても衝撃的でした💦💦

せっかく(?)多嚢胞なのに…卵がとれなかったなんてなったら、ほんとメリットなさすぎて最悪…。


生理起こす注射をしてもらってる時に、看護師さんからも、体外受精初めてなので、余計に誘発もどれくらいの量や期間になるか読めないといわれました。


ですよね…


生理周期の関係でどうしようもないんだけど、治療周期ががっつり、年度終わり〜年度始めに重なります。

仕事も繁忙期だから、上司に話すのがとっても憂鬱…(´-`).。oO

しかも、一般的なスケジュールでいくと、採卵日付近に絶対に仕事休めない日がぶつかってる…!。゚(゚´Д`゚)゚。

 つい最近の鬱モードはこれが原因だったのかも。


でも、いくらうじうじ悩んでたって、

本当は、

自分の中ではもうやるって決めてるし、何言われたとしても延期するつもりもないんだって気づいて、


だったら、

自分のわがままだけどやりたいので、よろしくお願いします

と言うしかない!と今は思い始めました。


悩んでも、いい人ぶっても、綺麗事言っても、どうしたって職場に迷惑をかけることは避けられないし…(;゚∀゚)


上司には、この時期じゃなきゃダメなの?っておそらく聞かれるとは思いますが…

今度二人で外出する用事があるので、その時にでも伝えてみようと思います。