読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*PCOSと共に歩む不妊治療のキロク*

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の私の、28歳からの不妊治療のメモ(´-`).。oO

*体外受精*D13体調不良〜D14 採卵日前日

(今回は、ほとんど体調不良の記録になっています。痛いだけの記録ですみません。。)


採卵日前日の記録の前に、

昨日のことから…


午前中の診察で採卵日が決まり、喜んでいたところ、

夕方になって突如、

お腹の張りに加え、軽い吐き気と、膀胱の痛み、そしてなんといっても、

背中の右側にじわじわと痛みが( ;∀;)!!!!!

ちょっと疲れて昼寝をしようとしたら、なんだか背中の右側の側面に違和感が出始め、体を動かすとなぜか痛い…!

時間とともに痛みはひどくなり、横になってても痛むし、さらに足をあげるとビキビキっと激痛が。夜には階段を登るのに右足があげられないほどに(ll゚ω゚)ゆっくり、すり足でしか動けなくて、意図せず妊婦さん風に…。


背中が痛くて起き上がるのも辛く、若干の吐き気もあったため、夕食は食べられませんでした。。

ぎりぎりまで寝ていたものの、hcg注射を打ちに行かなくてはならず、夫の運転でふんばって病院に行きました。(車に乗るときも右足上げた時に痛すぎてうめく私…笑)


病棟の看護師さんが注射をしてくれた際、背中の痛みを訴えたけれど、

「うーん、卵巣腫れているとか先生に言われましたか?」と聞かれただけで、やはり看護師さんには分からないようでした。

腫れてるとかは言われてないんだけどなぁ…この痛みは一体なんでなんだろう…


夜、寝てたら、夜中には体も軽くなって大分動けるようになったけれど、

もう本当に本当に本当に辛かった!!。・゜・(ノД`)・゜・。

背中が痛くて動けないし、体全体もだるくて、泣きそうでした…


これが治療の副作用とかだったら、もう体外受精はやりたくない…とその時は心の底から思いました…。

しかも、これで採卵中止になっちゃったらどうしよう…と不安で押しつぶされそうに。。


次の日の朝には、背中はちょっと痛むものの、普通に歩けるようになっていて、本当にホッとしました(●´ー`●)

これってもしや、ohssなのか?!

と思って色々検索したけど、hcgの注射以前だし、しかもお腹の張りが辛いんでなくて背中の痛みだし、結局、原因が全然分かりませんでした。


ちなみに、膀胱の痛みは、軽く膀胱炎が発症していたからでした。なんでこのタイミングでなるのよーっっo(`ω´ )o三重苦、いや四重苦でもうダメかと思った💦

ただ、不幸中の幸いというか、

採卵日前日である今日から体外受精に向けてフロモックスという抗生物質を処方されていて、「もしや…!?」と思って検索してみたら、このフロモックス、膀胱炎の際にも処方されるみたいで、私にぴったりでしたΣ(*゚д゚*)♡


そんなこんなで、今日は採卵に向けて安静にしておこう!ということで、せっかくの日曜日だったけれど、家事をしつつ、明日の準備や昼寝をしたりして、一日中家でのんびりしました。


採卵日が月曜日なので、土日で心も身体も準備できて良かった(〃ω〃)


あぁ、明日ちゃんと卵たくさん採れるといいなぁ…✨✨✨