読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*PCOSと共に歩む不妊治療のキロク*

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の私の、28歳からの不妊治療のメモ(´-`).。oO

移植前周期 D16

なんだか久々の更新になります( ̄▽ ̄)🍀
なので、少し遡って書きます。


採卵周期は、採卵後10日目のD25(4/13)で生理が来ました。
 いつも不順だし、生理来なかったらどうしよう…と思って事前に先生に聞いたら、
「採卵後はみなさん生理が来ますので大丈夫ですよ。」
と断言され、ホッ。
でも、全然知らなかったのですが、採卵後の生理は重い!!というのは有名らしく、私もとってもとっても腹痛が辛かったです…。いつも生理痛って軽いので、生理痛が辛いって人は毎回こんな痛みに耐えてるのか…と尊敬しました💦💦

で、移植前周期(・ω・)ノ
生理が来たら、たしか20日目までに一度受診とのことだったので、D12(4/27)で受診。
移植周期の説明を受け、つ、ついに、げっとしました、

エストラーナテープ!!!

移植周期といえば、これですよね!しょっちゅうネット上で見かけるので、ちょっとテンションあがりました笑

で、この日、生理を起こすための注射をする予定でしたが、私のタイミングだとちょうどGWに移植周期の受診が重なりそうとのことで、注射はせず、内診もせず、ちょっと肩透かしでした。。。

そうしてD16の今日、注射だけしてきました。

ちなみに、D14くらいからちょっと腹痛がし、またもや、なんとなく膀胱炎らしき症状が出て、体調いまいち…。
と思っていたら、今日、出勤途中で左腰に違和感が…。もしやと思ったけれど、やはり痛みは取らず、ついに採卵前と同じ腰痛が発症してしまったのでした(´;ω;`)
またしても、頭痛と吐き気と腹痛とピリピリとした激しい腰痛…。
結局、体がだるすぎて、病院にも行く予定もあり、1時間早めに早退してしまいました。すみません。
吐き気があって…といったりしてオメデタと勘違いされても気まずいので、とりあえず頭痛と腹痛が酷くて…といって早退しました。

しかし、、、
前回は採卵のため注射を打っていたので、これは副作用に違いない!!と信じて疑わなかったのですが、今週期は注射も薬もゼロ。。。つまり、副作用でなかったようです。

そして、位置はやっぱり腎臓あたりなのですが、ただ前回は右側、今回は左側が痛む!!
ということは排卵に関係があるのかなぁ…
排卵痛?????

今日は注射のみで、診察はなかったため、とりあえず看護師さんに相談をしたら、
やはり排卵痛ではないかと言われました。
「ベラさんのようにpcosの方は、卵巣が硬いので、排卵時に卵巣がやぶけるのがすごく痛いことがあるから、それかもしれないね」とのこと。
あれ?でも今回、移植前周期でカウフスマン療法ですよね?排卵させないですよね?(ll゚ω゚)?つまりどういうこっちゃ。
卵胞が膨らんで腫れてるとか?それとも注射する前に排卵しちゃったとか?

とりあえず病気ではなさそうだし、鎮痛剤飲んでもいいと言われたので、一応よかった。次また同様の症状が出たら、鎮痛剤で仕事を乗り切ろうと思います(;_;)


次は移植周期のD3に受診をし、移植できるかどうか確認をしてもらう予定です。
移植日は、5月26日〜6月はじめごろになりそうです。あぁ、待ち遠しい。。