読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*PCOSと共に歩む不妊治療のキロク*

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の私の、28歳からの不妊治療のメモ(´-`).。oO

経過観察後の受診

しばらく経過観察ということで、

治療としては、ずーーっと動きはありませんでした(;ω;)


そして今日、やっと受診日。


エコーするも、


「小、多数」


ですよね〜

おりものも変化ないし、もちろん生理も来てないし、さらには最近アゴにきびも姿を現してきて、、、

やっぱりね。というかんじでした。


ま、それはそれとして、

やっと先生から

「生理起こしましょう」と言われました( ̄▽ ̄)

そして生理後、クロミッドか注射+人工授精で治療しますとのこと。



注射+人工授精だと、どうしても通院回数が多くなって、仕事を休むのもいちいち気を使うので、

「それなら体外受精を早めにしたいです」

と、先生に伝えました。


自分の希望を伝えることができて、ちょっと今日はホッとしました(●´ー`●)

(診察の時って忙しそうだから、質問したりステップアップの希望伝えたりしないうちに、いつもいつの間にか終わっちゃうという、、チキンなわたし笑)


ただ、体外受精もすぐできるわけじゃないので、それまではどちらにしても注射をすることになるとのことですが。



*今後の流れ*


今  日→内膜を厚くする注射1本

              採血をしてホルモン値測定

10日後→生理を起こす注射2本 

                 採血結果から、治療方針を決定

                   ⇩⇩⇩

LHとFSHの差が少なければ、クロミッドか注射。(でもおそらく注射になる可能性大とのこと)

・差が大きければ、間違いなく注射
または体外受精にステップアップも検討

採血結果が出てみないとはっきりは分からないけど、私にはラパロの効果はなかったのかもしれません。(残念だし、あんまし認めたくはないけれど笑)
ま、後々、体外受精とかするときに多少いい影響があるかもしれないし、まだなんとも言えないので、落ち込んだりはしないけれど。ちょっと期待してたから残念。
でも、前向きに考えれば、ラパロをしたことでPCOS以外には何も問題が無いことも分かったし、ということは体外受精で授かる可能性も充分あるはず…!Σ(*゚д゚*)と信じたい。。


ちなみに、

体外受精をする際には、事前に培養土さんから夫婦で説明を受けなければいけないらしく、混むようなので、とりあえず予約だけして来ました。

看護師さんからも少し体外受精の説明を受けて、PCOSなので、やはり卵がいっぱいできて、卵巣が腫れてひどいと入院になるかもと。で、腫れた場合は、卵子を凍結して、腫れが引いてから戻すことになるとのこと。やはり、、どちらにしても時間はかかりそう。


でも、治療が長く続くとお金はもちろん仕事との兼ね合いとか色々、とにかく精神的に辛いので、バババっ!とステップアップしていきたい!

そして、バババっと来年中には授かりたぁぁぁいヽ(´∀`)ノ