読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*PCOSと共に歩む不妊治療のキロク*

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の私の、28歳からの不妊治療のメモ(´-`).。oO

今日は注射のための通院

 

例に漏れず、今日も痛かったー

お尻に2つ注射しました。

 

前回も打った、オバホルモンデポーとやらがどうやら痛いみたい(;_;)

 

それはさておき、

今日は注射だけだったので、初めて救急外来で処置してもらいました(´ω`)

19時までokなので、仕事終わってからでも間に合うのはありがたい〜✨✨

 

ただ、あくまで救急外来なので、先客のおじいちゃんの対応が長引き、30分くらい待ちぼうけ…

待ったわりに、私の注射は一瞬で終わった笑

しかも、

次すぐここに患者さん入ってくるので、急いで終わらせますねー!

と言われ、

きゃー!失敗しないようにゆっくりやってー!と内心きょどりました笑

もちろん、何事もなく終わりましたが。

 

 

今日はあまり書くこともないので笑

⭐️読書メモ⭐️


先日、不妊治療関係の本を図書館で見かけて、借りてみました。

卵子を探しています』という、なかなかインパクトのあるタイトルΣ(*゚д゚*)

 実際読んでみると、卵子提供というテーマだけではなくて、各国の不妊治療への考え方や、取り組み方まで広く書かれていて、国によってこんなにも違うものかと、すごく興味深かったです。

 

各国の不妊治療事情を知ることで、自分自身はどのように不妊治療と向き合っていきたいか、またどのように進めていきたいかを考えるきっかけになったり。

また、日本の有名クリニックへのインタビューも出ていて、ほかのクリニックでの治療方針等、気になっていたので勉強になりましたヽ(・∀・)ノ暇がありましたら読んでみてください。

 

 

卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて

卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて